【ミニボート向け】ガーミンの魚探 振動子の選び方【GARMIN】

振動子のサイズ

 

こんにちは。
しんさん(TwitterInstagram)です。
詳しいプロフィール

ガーミンの魚探は振動子の種類がたくさんあります。そして高価です。振動子の価格だけで入門シリーズの魚探本体が買えてしまう…なんてこともあります。

一体どれを選んだらいいんや……

ってなる人は多いはず。

例に漏れず自分もその1人です。

ガーミン魚探の振動子の選び方がわからない人や買ったけどあっちの方がよかったと後悔したくない人は参考にしてみてください!なお、この記事では2馬力ボートやミニボート、カヤック、SUPなどでよく選ばれるであろう振動子に焦点を当てています。

【魚探の見方がわからない人におすすめの書籍】
底の反応はもちろん、魚やプランクトンの反応が写真付きでわかりやすい!

気に人はkindle Unlimitedに30日間の無料登録して試し読みしてみてください。
Kindle Unlimitedに登録

スポンサーリンク

GARMIN(ガーミン)魚探の振動子の種類

まず型番はどういった意味があるのかしっかり理解しておきましょう。

 

自分の求めているスペックを型番である程度しぼることができますよ!

振動子の型番による種類の見方(例:GT〇〇-TM

1~19 通常魚探のみ
2x番台: 通常魚探(2周波、チャープ) +クリアビュー
3x番台: クリアビュー +サイドビュー
4x番台: 通常魚探(2周波) +クリアビュー +サイドビュー
5x番台: 通常魚探(チャープ) +クリアビュー +サイドビュー
振動子の取り付け方法(例:GT20-TM

TM: トランサムマウント
TH: スルーハル
IF: インナーハル
その他の型番(例:GT54UHD、GT41M、GT22HW

HN ハイナローチャープ 130-300kHz
HW ハイワイドチャープ 150-240kHz
M ミドルチャープ 80-160kHz
UHD 高精細描写(クリア、サイドビュー)

目的に合わせて参考にしてみてください!

通常魚探  クリアビュー

2周波(77/200kHz) GT20-TM GT21-TM
4-pin,8-pin 4-pin,8-pin 8-pin
HD-ID通常魚探 HD-ID通常魚探 HD-ID通常魚探
500W(77/200kHz) 77/200khz|500W
【ビーム角】45°/15°
50/200khz|600W
【ビーム角】40°/10°
実用最大深度 270m 80m 400m
クリアビュー CHIRP
455khz/800khz|500W
【ビーム角】
2.5°×53°/1.6°×29°
CHIRP
260khz/455khz|500W
【ビーム角】
2.0°×51°/1.4°×29°
実用最大深度 50m 100m
サイドビュー

CHIRP  クリアビュー

GT21-TM GT22HW-TM GT23-TM
8-pin 8-pin 8-pin
HD-ID通常魚探 Hi-CHIRP MID CHIRP 
50/200khz|600W
【ビーム角】40°/10°
150-240khz|
250W
【ビーム角】24°-16°
80-160khz|600W
【ビーム角】24°-13°
実用最大深度 400m 50m 100m
クリアビュー CHIRP
260khz/455khz|500W
【ビーム角】
2.0°×51°/1.4°×29°
CHIRP
455khz/800khz|350W
【ビーム角】
2.0°×50°/1.0°×30°
CHIRP
260khz/455khz|500W
【ビーム角】
2.0°×51°/1.4°×29°
実用最大深度 100m 50m 100m
サイドビュー

通常魚探 クリアビュー/サイドビュー

GT40-TM※生産終了 GT41-TM※在庫限り
12-pin 12-pin
HD-ID通常魚探 HD-ID通常魚探
500W(77/200kHz) 50/240khz|600W
【ビーム角】40°/10°
実用最大深度 579.1m 400m
クリアビュー 500W
(465-445/800-840khz)
CHIRP
260khz/455khz|500W
【ビーム角】
2.0°×51°/1.4°×29°
実用最大深度 228.6m 100m
サイドビュー 500W
(465-445/800-840khz)
CHIRP
260khz/455khz|500W
【ビーム角】
2.0°×51°/1.4°×29°
実用最大深度 152.4m 100m

CHIRP クリア/サイドビュー

GT51M-TM GT52HW-TM
12-pin 12-pin
MID CHIRP  CHIRP
80-160khz|600W
【ビーム角】24°-13°
150-240khz|250W
【ビーム角】4°×16°
実用最大深度 300m 50m
クリアビュー CHIRP
260khz/455khz|500W
【ビーム角】
2.0°×51°/1.4°×29°
CHIRP
455khz/800khz|350W
【ビーム角】
2.0°×50°/1.0°×30°
実用最大深度 100m 50m
サイドビュー CHIRP
260khz/455khz|500W
【ビーム角】
2.0°×51°/1.4°×29°
CHIRP
455khz/800khz|350W
【ビーム角】
2.0°×50°/1.0°×30°
実用最大深度 100m 50m

CHIRP 高精細クリア/サイドビュー

GT54UHD-TM GT56UHD-TM
12-pin 12-pin
Hi-CHIRP Hi-CHIRP
150-240khz|350W
【ビーム角】24°×16°
150-240khz|350W
【ビーム角】24°×16°
実用最大深度 50m 50m
クリアビュー CHIRP
800khz|350W
【ビーム角】0.94°×60°
CHIRP
1000khz|500W
【ビーム角】0.52°×52°
800khz|500W
【ビーム角】0.64°×35°
455khz|500W
【ビーム角】1.1°×52°
実用最大深度 30m 50m
サイドビュー CHIRP
455khz/1200khz
|500W
【ビーム角】
1.62°×50°/0.441°×52°
CHIRP
1000khz|500W
【ビーム角】0.52°×52°
800khz|500W
【ビーム角】0.64°×35°
455khz|500W
【ビーム角】1.1°×52°
実用最大深度 30m 50m

UHD振動子はエコマップUHDシリーズや上位機種で使用出来ます。
詳しく知りたい人は下記記事も参考にしてください。
【インプレ】ガーミン エコマップ UHDに買い替えました【ECHOMAP UHD】

GT52,GT54,GT56の違い

バス釣りや水深50m程度で釣りをする場合

GT52HW-TM GT54UHD-TM GT56UHD-TM
ピン数 12-pin 12-pin 12-pin
発信方式 Hi-CHIRP Hi-CHIRP Hi-CHIRP
周波数 150-240khz|250W
【ビーム角】24°×16°
150-240khz|350W
【ビーム角】24°×16°
150-240khz|350W
【ビーム角】24°×16°
実用最大深度 50m 50m 50m
クリアビュー CHIRP
455khz/800khz
|350W
【ビーム角】
2.0°×50°/
1.0°×30°
CHIRP
800khz|350W
【ビーム角】0.94°×60°
CHIRP
1000khz|500W
【ビーム角】0.52°×52°
800khz|500W
【ビーム角】0.64°×35°
455khz|500W
【ビーム角】1.1°×52°
実用最大深度 50m 30m 50m
サイドビュー CHIRP
455khz/800khz
|350W
【ビーム角】
2.0°×50°/
1.0°×30°
CHIRP
455khz/1200khz
|500W
【ビーム角】
1.62°×50°/
0.441°×52°
CHIRP
1000khz|500W
【ビーム角】0.52°×52°
800khz|500W
【ビーム角】0.64°×35°
455khz|500W
【ビーム角】1.1°×52°
実用最大深度 50m 30m 50m
  • GT52HW、GT54UHDは同サイズ、GT56UHDはデカイ
  • 配線の太さも違う。トランサムマウントパーツも若干違う。

GT54UHDとGT56UHDのサイズ比較

長さ:mm 幅:mm 厚さ:mm
GT56UHDーTM 219 52 28
GT54UHDーTM 155 52 26

こちらのサイトにGT54UHDとGT56UHDの比較画像があります。

またGT41などもGT56UHDとほぼ同サイズになります。

GT22HWとGT54UHDのサイズ比較

振動子のサイズ

左がGT22HW 右がGT54UHD

GT22HWとGT54UHDの配線の太さ比較

振動子のサイズ

上がGT22HW 下がGT54UHD

トランサムマウントパーツの違い

トランサム取り付けパーツ

赤丸部分がGT22HWと GT54UHDでサイズが違う

 

GT21,GT41とGT51Mの違い

 

GT21-TM GT41-TM GT51M-TM
サイズ 22.8×6.2×厚さ3.0cm
ピン数 8-pin 12-pin 12-pin
発信方式 HD-ID通常魚探 CHIRP MID
周波数 50/200kHz 80-160kHz
ビーム角 40°/10° 24°-13°
出力 600W
実用最大深度 600m 400m
クリアビュー
260kHz(245-275)
455kHz(445-465)
実用最大深度 220m 300m
サイドビュー
なし 260kHz(245-275)
455kHz(445-465)
実用最大深度 450m
値段(税込) ¥33,000 ¥66,000
¥110,000

※GT41は在庫がなくなり次第終了とアナウンスされています。(GARMIN2022カタログより)

  • GT21とGT41の違いはサイドビューの有無です。
  • GT41とGT51の違いはHD-IDかミドルチャープ発信かです。
  • 振動子のサイズはGT56UHD(上項で解説)と同じくらいあります。
サイドとクリアビューが周波数高いので水深30m超えるとあまり見えない

GT41

ビーム角が広く深くまで届くから中層からディープレンジまで深く広く探れる
200Hzと50Hzの特性をわかって比較して使えば狙うものによってはGT41が使いやすい。50kHzはビーム角広く深くまで届くが200kHzはビーム角が狭く真下の細かい反応。

GT51

ビーム幅が狭い。チャープ発信。80~160Hzを連続して出してそれを合成しているので精細な画像が得られる。

通常魚探HD-IDとチャープ発信の違い

通常魚探とは?

スタンダードソナーは単一周波を送信します。 単一周波でのスキャニングの為、情報量が少なくスタンダードソナーでは、表示される内容に限界があります。

GARMINのサイトより引用

CHIRPとは?

CHIRPは単一周波を送信するのではなく、広域(Low~High)の周波数を連続的に発信します。 CHIRPソナーテクノロジーは音波が戻ってきたときに、周波数毎の解析を実行します。 CHIRPソナーは広域の周波数を使う為、情報量が多く鮮やかで高解像度の描画が可能になっています。

GARMINのサイトより引用

チャープ発信は周波数を固定して使用することも出来ます。

いつも参考にさせてもらってるゴムボくらぶさんのサイトに通常魚探とCHIRPの映りの違いを検証した記事があります。

合わせて参考にして見て下さい。

私が使っている振動子:GT22HW-TM

ちなみに、自分が使用している振動子はGT22HW-TMです。

通常の振動子の照射角より広めの照射角になっていて、浅い水深(10mとか)でも広範囲の探査が可能。設定で照射角の変更可能です。

自分のホームの海域は以下の様な感じ。

  • 深くても水深30〜40m程度
  • メインとなるポイントは10〜25m
  • 砂地メインのフラットな地形
  • 魚礁や起伏(カケアガリ・岩場)などは少ない

HWの振動子なのでバス釣りでも使えると思いGT22HWーTMを選びました。

……が、結局バス釣りで使う事なくアルミボートを売却してしまいました。

また、サイドビューが使えるGT52HWーTMと迷いました。
GT22HW-TMGT52HW-TMの違いはサイドビューが使えるかどうかだけ。

サイドビューが使える振動子を選択すると、必然的にサイドビューが使える魚探を選択しなければなりません。(ストライカーシリーズ、エコマップシリーズ共に7インチ以上のモデル)
そうなると魚探の値段と振動子の値段が結構上がります。

上記で紹介した通り、砂地メイン、フラット地形だから必要ない!と自分に言い聞かせ自分が通っているポイントではサイドビューは必要ないだろうと判断しました

水深50m以内でしか釣りをしないのだったらGT22HW-TM,GT52HW-TMも十分に使用出来ます。
青物も狙うのであれば、GT20-TMの方が広範囲に探査出来るでいいかと思います。高くないし。

注意点

  • 魚探のピン数を確認する。(4-pin,8-pin,12-pin)
    クリアビュー/サイドビューを使う場合変換ケーブルを別途購入する必要があります。
  • 魚探がクリアビュー/サイドビューに対応しているか確認する
  • 振動子のサイズが大きいので取り付け方法にも工夫が必要
  • 2馬力ボートの場合、振動子の取り付け方によっては速度に影響が出る。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?ガーミンの魚探の振動子は色々種類が有りすぎて困りますよね。

しかし自分のポイントと使用目的を書き出して、消去法で選んでいけば選択肢が限られてきますよ!

つまり……、

  • 水深
  • クリアビュー、サイドビューは必要?
  • 周波数
  • 取り付け方法

を書き出して、絞っていくようにします。

ガーミンの振動子は高価な物です。しっかりと吟味して後悔のない振動子選びをして下さい!

ガーミンの魚探のインプレ記事です。

振動子の取り付け方法の記事はこちら
【GARMIN】ガーミンの魚探の振動子をボートエースに取り付ける方法

【魚探の見方がわからない人におすすめの書籍】
底の反応はもちろん、魚やプランクトンの反応が写真付きでわかりやすい!

気に人はkindle Unlimitedに30日間の無料登録して試し読みしてみてください。
Kindle Unlimitedに登録

この記事が役に立ちましたら更新の励みになりますので、ぜひ下記応援ボタンのクリックをお願いします!

にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
参考になれば嬉しいです。



GT20-TM

※ブラウザのバックボタンで元の位置に戻ります。

 

GT22HW-TM

※ブラウザのバックボタンで元の位置に戻ります。

GT52HW-TM

※ブラウザのバックボタンで元の位置に戻ります。

 

GT40-TM

※ブラウザのバックボタンで元の位置に戻ります。

 

GT41-TM

※ブラウザのバックボタンで元の位置に戻ります。
魚探
スポンサーリンク
\記事が良かったらシェアして貰えると嬉しい/
フォローよろしくお願いします!
しんさん

▶︎岡山|42歳|
▶カートップボート歴13年
▶軽トレーラー歴1年
▶ミニボート海釣り2年目|
▶︎年間ボート釣り約30日
シンプルでお手軽釣行を意識した2馬力ボート釣り情報と釣果を発信しています。

フォローよろしくお願いします!
真ブログ
タイトルとURLをコピーしました