※当ページのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています。

【ボートエース艤装】サイドフロートを自作する方法【作り方】

しんさんです。
TwitterInstagramYouTubeTikTokと色々やってます!

詳しいプロフィール

サイドフロートを自作する場合、どういった材料で自作すればいいか悩みますよね?この記事ではサイドフロートを自作したい人に向けて素材・材料などを紹介していきます。

ちなみに僕は既製品のサイドフロートを使用しています。なんとかお金を掛けずに自作出来ないものか…、と考えた時もありました。しかし、命を預ける部分でもあり、同船者にも安全に釣りを楽しんでもらいたいと思い、安心をお金で買うことにしました。

  • 既製品ではどうしても満足出来ない!
  • 〇〇〇な感じのフロートが欲しい
  • サイドーフロートを自作するヒントが欲しい

上記のような人は、この記事を参考にしてみてください。

私が参考にしたブログなども紹介しています。勝手に紹介するな!!の方はコメントまでよろしくお願いします。

スポンサーリンク




サイドフロートを自作する方法

サイドフロートの材質

スタイロフォーム

  • 軽量
  • 加工が簡単
  • 加工が簡単ゆえに壊れやすい?

塩ビ管

  • そこそこ安価に手に入る
  • 重い
  • 丈夫

RVケース

  • そこそこのサイズになるとそれなりの値段になる
  • 中が道具入れとして使用出来る。
  • 水をモロに受けるので、走行スピードダウン&海水が船内に入る
  • ビルジポンプを活用すれば生け簀の代わりになるかも?

ポリタンク

  • 見た目がちょっと悪い
  • 浮力は問題ない
  • 状況に合わせて増設出来る
  • 取付には工夫が必要

まとめ。

サイドフロートを自作すれば購入費用をおよそ半分以下に抑える事が出来るかもしれません。浮いた費用を釣具に回したり、遠征費に充てたり出来ますね!

しかし、高額ですが僕は既製品を購入して良かったと思います。サイドフロートは命を預ける部分でもあるので、自作したせいで転覆したっていうのは避けたいです。

また既製品には材料費だけでなく販売に至るまでの開発費、膨大な検証の時間が含まれていると思っているからです。ほどほどの出来の自作で、転覆したら…とか、もうちょっと見た目よくしたいとか考える時間が勿体無い。僕はその時間を釣りや他の事に充てたいです。

DIYが好きな人や自信がある人はこの記事を参考に自作してみてはいかかでしょうか?

下記リンクはサイドフロートの記事です。合わせて参考にしてみて下さい。

Amazonで2000円以内の買い物が多い人は
プライム会員になった方がお得!
30日の無料体験を今すぐ試す▶
こちらの記事で解説しています

この記事が役に立ちましたら更新の励みになりますので、ぜひ下記応援ボタンのクリックをお願いします!

にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました