※当ページのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています。

【ミニボート】ボートエース 艤装 ロッドスタンド②【初心者】

ボートエースに艤装したロッドスタンドについてミニボート歴はまだ2年の初心者ですが、初心者ならではの目線で解説していきます。
艤装の際の参考になれば嬉しいです。

 
艤装したロッドスタンドだけでもよかったのですが、
船の流れ方によってはキャストの邪魔になる時がありました。
そこで船尾にTAKA産業のロッドスタンドを追加艤装しました。

艤装方法

GPクリア+両面テープ

ポリプロピレン用の接着剤GPクリアとポリプロピレン用の両面テープの安心のW接着です
ボートに干渉する部分はハサミでカットしています。
右舷側には3連 左舷側に1つ

良い点

出船準備が楽。

ボートに直接接着しているので取り付け・取り外しの手間がないので準備が楽です。
出船場所が混み合ってたら気を使ってバタバタと準備をしてしまうタイプなので、手数が減るのは嬉しい。

デッドスペースが有効活用出来る

ミニボートの限られた狭いスペースを有効に活用出来ます。タックルボックスやバッカン、クーラーボックスを載せるとあっという間に足を伸ばせるスペースがなくなってしまいます。2人釣行だとなおさらです。私は船尾の左右に付けています。

ランディングネットが取り易い

ランディングネットを立てておけば、釣れた時にネットが取り易いです。
リールが右巻きの場合、右舷側にキャストすれば釣れたときに後方に手を伸ばせばランディングネットが取れます。取り込んだ後は竿を立てておけば針も外し易い♪リーダーを結ぶときやリグり直すときも便利です。また私は認証旗を挿すのにも使っています。キャストの時に邪魔になるようだったら右舷側左舷側で挿し変えています。

 

悪い点

タックルがなくなっていないか心配

走行中に気が付いたら立てていたタックルがなくなっていないか気にする必要があります。
一度経験あり泣。ランディングネットが気が付いたらなくなっていました。上手く入っていなかったのかもしれません。

リールが潮をかぶりやすい

海面が荒れてたりしたらリールが潮をかぶりやすい(気がする)
ロッドが真っ直ぐ立っているワケでもないし、リールフットのガイドもないので、リールがボートの外(海面側)に向いてしまいます。そのせいでよくリールが潮でべたべたになってました。

まとめ。

安いし、とりあえず取付けておけば便利かなと思います。出船時に取付ける手間があるワケでもないので。
ただし、移動中は海に奉納していないか気にしておいた方がいいです。
私は移動中は使わずに、流しているときだけ使っています。

以上、参考になれば嬉しいです。

最初に使ってたロッドスタンドはこちら↓

【ボートエース艤装】自作の差し込み式ロッドスタンドの作り方【初心者向け】
ボート釣りをするなら当然、竿とリールは必要です。 高価なタックルなら当然ですが入門タックルでもボートに直置きするのはあまりよくありません。 何かの拍子に竿が折れてしまうことがあるかもしれないし、思いがけずボートに海水が入ってきて...

バケットマウスに取付けて使用していたロッドスタンドはこちら↓

【ミニボート】ボートエースに積むタックルボックス②バケットマウス5000
ボートエースでバケットマウス5000を使用したレビューをします。 バケットマウス5000 バケットマウスを購入 ボートにロッドホルダーと魚探を取付ける手間を減らそうと考えてました。 さらにロッドホルダーは右舷側に固定して...
ボート 釣り
\記事が良かったらシェアして貰えると嬉しい/
フォローよろしくお願いします!

▶カートップボート歴14年/軽ボートトレーラー歴2年
▶ミニボート海釣り3年目
▶︎年間ボート釣り約30日
ズボラ・めんどくさがりの僕が、シンプル・お手軽・コスパを意識して”もっと”2馬力ボートが楽しくなる『2馬力ボートを使い倒す」情報発信をします!

フォローよろしくお願いします!
真ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました